エステへの理解

痩身エステまずは最初に、ここでいう「エステ」という名称の意味について、しっかりと理解をしておく必要があります。
正式な呼び方はフランス語で「エステティック」といい、痩身・脱毛・美白などをはじめとした人体面においての美容術の事を指し、リラクゼーションをも兼ねて呼ぶ場合も多いようです。

このような具体的な意味でのエステという言葉にあたりますが、我が国で最初に始められた歴史としては明治中期あたりから行われていた「美顔術(びがんじゅつ)」などに起源があり、それに西洋諸国をはじめとする諸外国からの技術が取り入れられ、大正期末から第二次大戦中の戦争期の中断期を経て、70年代に国民所得のゆとりが出来始めた頃からようやくして、大衆化がなされて今日までに至るような流れとなっています。
そして、1996年(平成8年)の中頃には、それまで存在をしていた日本エステティック協会や日本エステティック業協会(AEA)からなる日本エステティック連合の発足がなされ、さらにこれに日本エステティック工業会その他の幾つかの関連団体が加わり、2007年(平成19年)にまた分裂がなされて、先程の3協会が並存しているような状態です。

こうした業界内の歴史的経緯もありますが、どの協会に属している事業者も、それぞれの美容術やリラクゼーションの面で優れた技術を持ち、それぞれのサービスにおいても工夫をしているような状況です。

さらなる大衆化によって価格の面においても低コスト化が期待出来る可能性がありますので、エステ業界は今後も様々な期待がある業界といえます。