頭皮ケアも

ヘッドスパ今度は「ヘッドスパ」についてですが、これも先程も少しだけ名前に触れた程度でしたが、例えば美容院などにある温水シャワーのような洗髪器において、頭皮と髪の両方の健康を促進をさせていくへッドマッサージによるヘア・エステの部類にあたります。

このヘッドスパの言葉自体も、元々は我が国日本のタカラベルモント社の商標登録をしていた造語にあたりますが、技術自体の由来が、アーユルヴェーダというインドの伝統医学に起源があり、主として髪の修復を目的にしたマッサージや頭皮クレンジングなどの技術が要素になっているような構成のエステの分野にあたります。
これ自体を専門的にやっていたり、自らのエステ業のメイン事業やメニューなどにしている事業者もありますが、その他幾つかの種類からなるエステ技術などとともに、同時に扱っているような事業者なども存在をしています。

また、最近では自宅などにおいて簡単に扱えるヘッドスパ用のマッサージ機器類やエステ機械類なども造られ、販売されており、便利になった世の中には間違いがありません。
ただそれでも、ヘッドスパの基本というものは、各個人毎に合わせた高い技術が必要になりますので、その確実性のある効果を実感したいならば、やはりプロのへッドスパ店舗へ出向くことが先決であるのかもしれません。


リラクゼーション効果

そして次に、リラクゼーションについての内容に触れてみます。これは全てのエステ技術の分野に共通をする点といえますが、先程も触れたように、人体面と心身面の両方において、それぞれから美しくしていくという究極の目的がある事には間違いありません。
そうしたエステの基本が最近、本当にその立場でエステサービスを行い、それなりの相応しいサービスの恩恵をお客様である消費者の側に立って施しているのか、多くの疑問を抱かせるような事態なども起きているのです。

これは例えば、近年事業者であるY氏本人をはじめとする経営陣と被用者側である従業員の人々との労働争議を巡る、全国チェーン店舗であるB社での出来事や、消費者側であるお客様と高額なサービスを施した事業者であるI社との、事後においての事故補償を巡ってのトラブルの件その他、これらをはじめとする様々な問題が挙げられます。

こうした何らかの面で、事業運営において余裕性に欠ける事業者が行っているところのエステサービスにおいては、本当にエステの基本であるリラクゼーションをお客様へまともに提供を出来ているのか、多くの方が疑問をもたれるのは仕方がありません。
美しさと心理面においての安心感を与える事が本当のエステのカタチでもありますので、これを同業界のお仕事に従事をされる方などは、決して忘れてはならないといえます。


キレイになるために

エステ業界のサービスについてですが、その他の美容業界などではマネが出来ない独自の大きな特徴があります。それは、エステサービス自体が持つ、美肌を目指していくという本来の目的に基づいた、エステならではの美容技術といえる面です。

フェイシャルエステそしてそれぞれの事業者や店舗などにおいては、フェイシャルエステ・ヨガエステ・リフレエステその他、様々なエステティック技術の基本がベースになっているというそれぞれにおいての違いがあります。
しかし皆、美肌による美しさを人体の内外の両方から施していくという基本方針は同じですので、単なる外見ではなく、心身両面からの健康美を維持あるいは促進をしていくという点で、共通しているといえます。
まさに、人体面においての全ての、人間本来の美しさを促していくというのが、エステでの究極の目的であるといえます
そうした全ての美しさを保っていくという目的あるいは目標の達成をさせていただくという意味合いでも、このエステ業界という産業界の一分野は、無くてはならない存在でもあるといえます。

しかしながら、世の中にはまだまだ同業界に対しての偏見や差別などを抱いたりしているような人々が少なくはありませんので、そうした現状がある点が、とても残念でなりません。


エステへの理解

痩身エステまずは最初に、ここでいう「エステ」という名称の意味について、しっかりと理解をしておく必要があります。
正式な呼び方はフランス語で「エステティック」といい、痩身・脱毛・美白などをはじめとした人体面においての美容術の事を指し、リラクゼーションをも兼ねて呼ぶ場合も多いようです。

このような具体的な意味でのエステという言葉にあたりますが、我が国で最初に始められた歴史としては明治中期あたりから行われていた「美顔術(びがんじゅつ)」などに起源があり、それに西洋諸国をはじめとする諸外国からの技術が取り入れられ、大正期末から第二次大戦中の戦争期の中断期を経て、70年代に国民所得のゆとりが出来始めた頃からようやくして、大衆化がなされて今日までに至るような流れとなっています。
そして、1996年(平成8年)の中頃には、それまで存在をしていた日本エステティック協会や日本エステティック業協会(AEA)からなる日本エステティック連合の発足がなされ、さらにこれに日本エステティック工業会その他の幾つかの関連団体が加わり、2007年(平成19年)にまた分裂がなされて、先程の3協会が並存しているような状態です。

こうした業界内の歴史的経緯もありますが、どの協会に属している事業者も、それぞれの美容術やリラクゼーションの面で優れた技術を持ち、それぞれのサービスにおいても工夫をしているような状況です。

さらなる大衆化によって価格の面においても低コスト化が期待出来る可能性がありますので、エステ業界は今後も様々な期待がある業界といえます。